2019年09月10日

いい姿勢だとリラックスできない、息苦しいと感じるのは…。

IMG_0001s.jpg 
 呼吸は、我々人間の生命活動にはなくてはならないものであるだけでなく、命を支える最も基本的な前提となる仕組みといえます。食べられなくても、水を飲めなくても、ある程度の期間は生きていられますが、呼吸ができなければ数分しか生きていられません。

 ですが、整体院に来られる方の多くは、呼吸が苦しかったり、浅くなっているとの自覚症状をもっておられます。

 本来は呼吸について触れている本や論文が数多く出ているぐらい、重要で奥深い問題ですが、今回はテーマを絞って誤解を恐れずにシンプルにお話してみたいと思います。

 皆さん感覚的にご存知のように、呼吸とリラックスには相関関係があります。緊張を解したいときには、皆さん「ふぅー」と息を吐こうとします。そういう時は吸うと逆に緊張してしまうと感じてもいるのではないでしょうか?


 単純に考えれば、長く吐いて短く吸うことができれば、多くの時間をリラックスして過ごせるということになります。

 実際に歌や管楽器演奏が上手な方は、長く吐いて短く吸うことによってパフォーマンスを行い、演奏する曲や場所次第では、パフォーマンスすればするほど、自分が解き放たれたようにリラックスしていくのを感じることがあります。そんな時は、姿勢は自然と良くなり、体中に元気がみなぎってくるのを感じることでしょう。

 腹式呼吸では、吸う力は肺の底の横隔膜に力を入れて、胃腸のスペースを押しわけながら息を吸い込みます。そして次に吐くタイミングでは、胃腸と腹筋群の腹圧で横隔膜を押し返すことによって、また横隔膜は一期に弛緩するのではなく呼気のスピードや量を少しづつコントロールしながら吐いていきます。
oukakumaku.png
 つまり、息を吸う力は胸まわりの筋肉の緊張と下腹部の弛緩、息を吐く力は下腹部の緊張と胸回りの弛緩によっておこるのです。上体が緊張して足腰が緩んでふわふわしがちな吸気は緊張を呼び、下半身が安定して上体が緩んでいる息を吐く時に、リラックスしやすくなるというわけです。しかも腹式呼吸の場合、上体の緊張も上体下部の横隔膜の役割が大きいので、比較的下半身が安定し続けることができます。

 整体院に来られる不調を抱えた方の多くは、腹式ではなく、胸式呼吸が強くなりすぎています。胸式の吸う力は、背骨を反って肋骨を引き上げる筋肉で胸を張って上体を緊張させます。さらに吐くときには腕周りや肩甲骨などの重さや、上体の筋力で、胸をすぼめて胸郭を押しつぶそうとします。
 この呼吸では、リラックスできる息を吐くタイミングでは、どうしても猫背になってしまいます。
 胸式呼吸の状態で姿勢をよくし続けなければならないとか、ストレス源に胸を張って力を入れて立ち向かわなければならない場合、どうしても吐く息が少なくなります。
 すると、吐き切っていないため息を吸いこむスペースが無くなり、息が苦しくなり、吸おうとすればするほど、吐くことが疎かになって、さらに息苦しくなる過呼吸の悪循環にはまりこんでしまうのです。

 正しい腹式呼吸で吐くときに胸をすぼめることなく、腹圧でコントロールすることができれば、いい姿勢のまま、強くしかもリラックスした柔らかい体で過ごすことができるようになります。

 よろしければ、お試しになってください。上手くいかない時にはぜひ当院にご来院ください。呼吸のしやすいお体を取り戻せるように、整えていきます。

#いい姿勢#呼吸
【健康情報の最新記事】
posted by ココアカ at 17:55| Comment(0) | 健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: