2020年01月25日

私達の体の仕組み〜その2

 今日は、前回の続きを書きます。

 私達人類は、気温や湿度、大気の状態、その他が比較的安定している現在の地球上では生存していけるが、生身の体ではこの諸条件が揃わないといきていけません。

 言い換えれば、この地球の環境は多分今の状態から大きく変わることはきっとないだろうという、何の保証もない勝手な前提の上に立って生きています。

 まるで親=現在の地球環境に甘える放蕩息子のように、親からの愛情を信じ切って、自由に食し、愛し、動き回っている存在です。来るかもしれない大災害に備えての巨大シェルターや地球を脱出する宇宙船を準備してはいません。体も食事が取れなくなることを想定して、少ないエネルギー消費でじっと動かずに孤独に生き抜くことができるようにはなれません。


 しかし前回書いたように、それでこそ人間らしい生き方ができるし、私達が望む人生とは、そういうものですよね。


 いつどんな大災害が起きるか分からないのに、よーく考えれば愚かではかない望みだとしても、そういう体であることがいわば人間の設計思想であると捉えれば、望む人間らしい人生を生きるためのこの体の仕組み=うまく使うコツが、自ずとつかめることでしょう。

 今回は人類の大きな特徴である、2足歩行について考えてみましょう。

 地上を2足歩行することは、水中にしか生きられない生物、大地の中に潜り込んでいる生物、地上を這いずり回っている爬虫類や4本足の動物に比して、何と自由なことでしょう?これは2足歩行という不安定な姿勢で生活することによって、不安定だからこそ自由で軽やかでいられるからです。それは、スケートをしたり、自転車に乗ったり、竹馬で歩いたりすることと同じ考え方で体を使うということです。

 バランスを取って立っていれば、力が要らないのです。それは地球の重力の中心に向かって、硬い大地の上でやじろべえのように立つということです。つまり、@地球環境の中の大きな力=重力と、A大地の硬さが体重を押し返す作用反作用の法則という宇宙の物理現象、この二つ依存して体を支えればいいのです。子供のころの私達は本能的に、こんな生活を会得して、たいていは軽やかに楽しく暮らしていたはずです。
 放蕩息子らしく、自分の力ではなく、地球の重力や宇宙の法則に依存する、甘え上手な体の使い方です。

 しかし軽やかなはずのスケートも自転車も竹馬も、長時間続けたりスピードを競ったりすればやはり疲れます。そんな時は休息をしっかりとって、また元気になってから軽やかさを楽しめばいいのです。

 ところが実際の生活では、そうもいかないことが多いです。疲れているのに休息をとる暇が無い。疲れた体のまま、無理して活動し続けなければならない。

 そんな風に地球環境に依存できないとなれば、この環境は味方から一転敵に変わります。

 やじろべえの軸のようにほっそりと、しなやかに、軽やかでいることが、もはや疲労のためできないならば、足を広げて横に太く安定するように踏ん張って硬い守りの要=背骨で、歯を食いしばって釣り竿を引き上げるように体を起こし続けなければ、大地に崩れ落ちるしかありません。
 さらに足を組んだり、片足に体重をかけたりして体を傾けたり捩じることで硬く安定させて、左右対称性を捨てて歪んでいきます。大人になって、
 子供のころの軽やかさを失っていくのは、こんな経緯によるところが大きいのです。場合によってはそれだけでなく、痛みや不調の中から抜け出せなくなっていってしまいます。

 実際の生活のストレスや過酷な環境の中で、否応なく硬くなり歪んで、本来の軽やかさを思い出せなくなっている方には、当院なら、痛み・歪みの解消と硬結解除、休息と元気を取り戻すための五臓六腑の調和、さらに必要なら本来の軽やかな体の使い方のコツ、すべてご提供させいただくことができます。

 ぜひ一度お試しください。

IMG_0023s.jpg
posted by ココアカ at 14:22| Comment(0) | 健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: