2021年03月12日

換気対策

 感染症対策として、最近、換気の重要性を言う専門家の方が多くなったと感じています。

 もちろん当院ではこれまでも、しっかり換気を行うようインターバルでの窓開け等を徹底していましたが、それが本当にうまくいっているのか調べる方法がわからず、とにかく推奨されている換気の方法を行うことしかできていませんでした。

 今更ですが、twitter等でどうやら二酸化炭素濃度計というものが市販されていて、それで換気の状態を数値で把握できるということを知りました。
DCIM0104.JPG
 早速導入して計測してみていろいろなことが判りました。

 まず、特に風の無い日には、ただ窓を開けただけでは、なかなか空気が入れ替わらないということ。
これはサーキュレーターで強制的に換気することで、換気がしっかり可能になるようです。
DCIM0099.JPG 
 そして意外とビルトインのエアコンの換気の性能が高いこと。
DCIM0105.JPG
 つけておくだけで二酸化炭素をしっかり換気できていました。
 そこで窓開けに意味はあるのか?エアコンに任せておけばいいのではという素朴な疑問も湧き上がりました。
 しかしこのビルトインエアコンのメーカーのサイトにはこう書いてありました。

ときどき換気を
■長時間、閉め切った部屋では空気が汚れますので、ときどき換気が必要です。
■送風運転は、お部屋の空気を循環させる働きをします。
■冷房・ドライ・暖房運転をしない中間期に換気扇との連動運転をしますと、より効果的な換気が
できます。

 以上のことから、当院の換気対策は今後は以下のように徹底することになりました。

 できるだけ長時間の閉め切った状態は避け、少しでも窓を開けておき、今まで通り定期的に大きく窓を開けた換気を行い、風の無い日にはサーキュレーターを併用してしっかり空気を入れ替える。

IMG_0069.jpg

posted by ココアカ at 20:09| Comment(0) | 日記

2021年01月21日

久しぶりのブログ更新です。

 コロナ禍の中、目が回るようにいろいろな情報が駆け巡り、フォローしていくだけで日々が過ぎていくようです。

 緊急事態宣言もでましたが、当整体院は日々地道に営業を続けております。
 今のところお休みすることは考えていません。

 昨年末にはボロボロになった窓の広告シートを直してもらいました。デザインはそのままなので、違いはわからないかもしれません。13年ぶりに綺麗になりました。気持ちを新たに励みます。これからもよろしくお願いします。

DCIM0102.JPG

saza.jpg

rpng.jpg

akinokumo.jpg

img1.jpg
posted by ココアカ at 19:35| Comment(0) | 日記

2020年04月28日

新型コロナウィルス感染対策(その2)

 前回は、営業再開にむけた衛生管理強化について、お一人様につき毎回のベッドカバー交換や、整体枕、ハンガー、ドアノブ等アルコール消毒の徹底と、そのため及び、次のご予約の方とのすれ違いも避けるため、ご予約とご予約の間に30分の間隔を空けることを書きました。

 その他にも、今まで通り、術者のマスク着用、手洗いや手指消毒も徹底しますが、さらにお一人の方ごとに使い捨てにする手袋を着用いたします。
DCIM0092.JPG

 備品は、木製よりプラスティック、布製よりビニールの方が、衛生的な印象があるので、交換することも考えましたが、研究によると、実際は逆で、プラスティック等の表面の滑らかな物質の方が長く残存して、最長9日間、残存する危険性があるそうです。

 そこで、スリッパや脱衣カゴは今までどうりの製品を使用することにして、アルコールでの拭き取りで、しっかり消毒に努めます。
DCIM0094.JPG
DCIM0096.JPG

 次回もまた、再開にむけた衛生対策についてご紹介していきます。

 
 

posted by ココアカ at 16:18| Comment(0) | 日記